専業主婦の方がキャッシングをご利用するには

 

専業主婦の方は配偶者の方から月々の生活費を貰っていると思います。しかしもし生活費が足りなくなっても中々言い出せないものです。そんなときにキャッシングにお申込みしても審査に落とされてしまうことが多いです。それは専業主婦の方本人には収入が無いからです。

 

【1】専業主婦の方はなぜキャッシングできないのか

 

消費者金融や信販、クレジットなど貸金業者が提供しているキャッシングは総量規制の対象です。この総量規制は個人の方が借金返済に困り、多重債務に陥らないようにするため設けられました。その内容を見ると貸金業者からの借入は年収の3分の1までと書かれています。1社だけじゃなく複数社からの借入総額です。専業主婦の方は基本的に外から収入を得ていない状態なのでキャッシングをご利用するのは難しいのです。

 

【2】中小の消費者金融ならキャッシングできる

 

大手の消費者金融では総量規制がある関係で、収入を得ていない専業主婦の方はお金を借りることが難しいです。しかし中小の消費者金融なら専業主婦の方でもお金を貸付している場合があります。総量規制には例外として配偶者と併せて年収の3分の1ならお金を借りられると言う配偶者貸付があります。この配偶者貸付でお金を借りるには条件があります。一つは配偶者の同意を得ること、二つは配偶者との婚姻関係を証明する書類を提出すること、三つは一定以上のご利用限度額を希望される場合は配偶者の年収証明書類を提出することです。大手の消費者金融でも配偶者貸付が出来るはずですが、手続きに手間が掛かりすぎるせいかお金を貸さない場合が多いです。中小の消費者金融ではこれらの条件を満たせばお金を貸してくれるところがあります。

 

【3】配偶者に内緒でお金を借りるには

 

婚姻関係を証明する書類や配偶者の年収証明書類は配偶者の方に内緒で準備することは出来ても、配偶者の同意が必要なので内緒でお金を借りるのは不可能です。そんなときは専業主婦用のご利用限度額をご用意している銀行のカードローンにお申込みすれば大丈夫です。銀行は総量規制の対象外なので、配偶者の同意も婚姻関係を証明する書類も配偶者の年収証明書類も不要です。銀行のカードローンでも一定以上のご利用限度額では年収証明書類の提出が必要になりますが、専業主婦用のご利用限度額は30万円・50万円ほどと一定以下なので提出は求められないです。その代わりに運転免許証やパスポートなど専業主婦の方の本人確認書類の提出は必要です。

 

●まとめ・終わりに

 

カードやご利用明細書と言った郵便物が届くと配偶者の方に内緒でお金を借りようとしても知られてしまいます。大手の消費者金融では自動契約機でカード受け取りできたり、ご利用明細書をWEBから確認できるところがあります。郵便物が自宅に届くのが心配な専業主婦の方はそういったキャッシングやカードローンを選ばれると良いでしょう。